ビギナーにおすすめ!安心のFX取引

この記事をシェアする

きちんと理解したい!金利とは何なのか

FX取引とは結局、国の通貨ごとに定められている金利の差を利用して利益を拡大させるという投資形態です。
そこで「金利とはそもそも何なのか」という話になるのですが、この部分をきちんと理解しておかなければFXトレードを安全に進めることはできません。
金利の本質を大づかみにとらえるなら、つまり、国に与えられた信頼です。金利とは本来、お金を貸借する際に借りる側が払う利息です。

金利が低いということは、「将来確実に返済してくれるだろう」と対外的に見られているということであり、国としての信頼があるということです。
一般に発展途上国の法定通貨の金利が高い水準に設定されているのは、政情が不安定であり、国の破綻リスクが高く見積もられているためです。
FX取引とはすなわち、国と国の力関係を利用した投資ゲームと言えるのかもしれません。

徹底比較!FXと仮想通貨トレード

ここ数年、日本国内でも仮想通貨トレードが話題になっています。今がまさに仮想通貨バブルと言えるほどで、この流れは少なくとも今後10年はつづくと見られています。
リアルマネーを原資とした投資であるという点において、FXと仮想通貨トレードはよく似ています。
しかし、当然のことながらこのふたつにはいくつかの本質的な違いがあり、それを理解しないことには投資全体を把握したことにはなりません。
FXは国の法定通貨同士を売買することによって利益を生む投資形態ですが、仮想通貨トレードで売買されるのはあくまでもバーチャルな通貨です。
バックボーンによる裏付けがないため金利という概念がなく、市場価値の乱高下が起こりやすいという特徴があります。
投資のスタイルは人それぞれですが、極端な暴落のリスクを恐れるのであれば、まずは国による裏付けのあるFXトレードからはじめてみるのもひとつの方法ではあります。