スワップポイントを利用して上手に利益確保

FXの基礎用語ともいえるスワップポイント。
取引のテキストにも必ず載っている言葉ですが、FXビギナーの中には正確な意味を知らないまま取引をつづけている人も少なくないようです。
次章以降でも詳しく解説しますが、スワップポイントとは「金利調整分」のことで、金利の異なるふたつの国の金利差を意味します。
言葉の定義としてはこの通りなのですが、実はスワップポイントは取引で利益をあげるチャンスであり、スワップポイントを上手に利用することでFXビギナーでもコンスタントに利益を確保することも夢ではないのです。
スワップポイントは二国間の金利差によって生じる損益のことであり、FXならではの現象ということもできます。

このページではFX取引をはじめるうえで必ずおさえておくべきスワップポイントの理論と実際の取引での応用法、安定して利益を出すための注意点について体型的にまとめています。
なお、FXにおいて覚えるべきテクニックはスワップポイントだけではありません。
スプレッドやレバレッジ、ロスカットなど、取引をスムーズに進めるうえで重要となる基本用語についてもゼロからわかりやすくまとめています。
FXビギナーはもちろんのこと、投資を始めたけれどなかなか思うように利益が出ない、という人もぜひ参考にして、FX取引の突破口になさってください。
FXとそれ以外の投資形態との比較も行っていますので、幅広いトレードを視野に入れている方にも参考になれば幸いです。